~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

情緒豊かに夫婦のアート展 『石田壱城と信子の書と表装展』

 
 書家の石田壱城さんの書を表装作家で小原流1級家元教授の信子夫人が、文字に合わせて表装した作品の夫婦展。石田さんが1999(平成11)年の第30回全道書道展で最高賞の文部大臣奨励賞を受賞したのを記念して第1回展を開いて以来、今回が10回目。同時に石田さんが今月28日で満70歳を迎える古希記念展である。
 「書をいかに楽しく見てもらうかです」。書道展と言うと、モノクロの世界であり、しかも書かれている文字が読めないなどある種の堅苦しさがある。だが、この書と表装展は、ひと味違う。
 出展は軸装を中心に額装、パネル、屏風など大小30点(うち淡墨が7点)で、ひと文字の漢字を主体にかなの作品もあり多彩。それらが信子夫人の表装で情緒豊かに表現され、身近感が漂う。
 表装は、文字の雰囲気などに合わせて着物、帯、はかま、風呂敷といった生地を活用してデザイン、優美な作品に仕立てている。各種生地は、旅行先などで買い求めている。
 作品『舞』はさわやかに、『海』は波のイメージの文様でデザインされるなど気品がある。このような“夫婦のアート展”は全国的にも珍しいという。
 札幌市中央区大通西3、道新ギャラリーで29日まで。

 ◆ 写真は、多彩な情緒豊かな作品

 P1000703_convert_20100624211257.jpg  石田 壱城(いしだ・いちじょう)さん
 記念展に合わせて『自叙伝風エッセイ集・日々の旅人』を発刊した。5冊目の著書。26日に祝賀会も開かれる。作品展の隣室で指導している教室展も開かれておりお孫さんも出品。千歳中学校在学中に書家の桑原翠那の指導を受け、同氏から89歳の時に受け取った手紙を今回屏風仕立てにして発表している。1989年北海道書道展で準大賞、99年全道書道展で文部大臣奨励賞、石狩管内文団協から文化賞、01年北広島市から文化賞。北海道書道展、国際現代書道展審査会員、読売書法展理事審査会員。北広島市書道連盟会長。1940年登別市生まれ。北広島市在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ