FC2ブログ

~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

10人が個性の競作 美術文化北海道支部展

 


 「新しい美術文化の在り方を追求し、自己を忠実に表現する」を掲げ1940年に東京で創立展が開かれた美術文化展の第46回北海道支部展(鈴木秀明支部長)。支部展は1972年に第1回展が開かれた。今回は、10人が大作を中心に17点を出品している。
 メンバーは道展会員の三浦恭三さん(小樽)以外は新道展の会員、会友、一般出品者。
 柳川育子さん(札幌)さんの『時は流れて』は白い雲がなびくような、久保田年子さん(函館)の『ブルーケルプ』は海草がゆらめき、宮澤克忠さん(帯広)の『欲と賭けとブギウギ』はコラージュも駆使、非常にカラフル…など個性の競作。今年の新道展で佳作賞を受賞した楓月まなみさん(札幌)が初出品している。


 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラル階スカイホールで7日まで。


 ◆写真は楓月まなみさんのアクリルと墨による『流清』(右)と『綾華』(左)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ