~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

清そで多彩なガラスの美 『勝野 好則ガラス展』

 
 十勝管内芽室町に1993(平成5)年にガラス工房『フンベ』(アイヌ語で鯨の意味)を築窯して独立以来17年―。大小の皿、グラス、鉢物を中心に清そで、さわやかなガラスの美の作品をそろえている。今年は既に帯広、紋別市で個展を開き、札幌でも毎年発表している。
 「常に新しい感覚の作品に取り組んでいる」―。十勝の澄んだ空気感や自然をイメージさせる皿の『美生の夜空』、グラスの『瑠璃紅葉』といった従来の作品以外に、表面にストライプ状の文様を作り、そこに赤、黄、ブルーといった細い色文様を表現した新作を発表。
 透明の各種ボウル、タンブラーなどは、ややうず巻き状のストライプと線文様が施され、おしゃれ感覚の作品に。ボウルは、中央から細い色文様が広がり、大きな花びらを思わせる。
 「今年から音更町のそば屋で使っている」という『そば皿』は、淡いワインカラー調の色彩がうず巻き状に走り、上川管内東川町の喫茶ギャラリーで使われている中皿『ひがしかわ』は、中央が半透明の白。
 色ガラスをあまり使わず透明感に富み、同時にざん新な造形美。多彩な作品が楽しめる。
 札幌市中央区南1西3、さいとうGalleryで8月1日まで。

 ◆ 写真の作品は、展示されている多彩な作品


 P1000772_convert_20100729104851.jpg  勝野 好則(かつの・よしのり)さん
 常に新作に挑戦し、利用者に提案もしている。不用になった空き瓶などの再生に取り組み、今回その作品も発表。今年3月から3ヶ月間東京杉並区のJR高円寺駅開発事業で駅南口の噴水工事の板ガラス施工に取り組んだ。初めての事で「いい経験をした」。1994年北海道北の産業デザインコンペクラフト部門で金賞、96年銅賞。95年に芽室町文化奨励賞を受賞。工房は2000年に音更町に移転。8月1日から定山渓温泉ぬくもりの宿ふる川でも個展を開く。1964年十勝管内音更町生まれ。音更町万年在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ