~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

全館に多彩な入賞・入選作品 『第29回書究院展』

 
 書道研究『書究文化書芸院』(山田太虚院長)主催の連続29回目の書道展。顧問、審査会員など9部門の326点と小学生から高校生までの書究院学生展の入賞・入選の多彩な作品が全館に展示されている。創作の漢字の大作が中心で、書の魅力を競っている。
 1982(昭和57)年に出品数273点で第1回展を開いて以来、多くの書家を育て書壇に送り出して来た。
 今年の最高賞の道知事賞受賞作品は、86歳のベテラン岩戸太珠さん(札幌)の漢字の大作。大らかで美しい筆勢。大賞・道教育長賞は佐藤華月さん(釧路)、準大賞は中川大玄さん(札幌)松村芳雪さん(小樽)で、ともに個性豊かな大作。
 山田院長は「中国へ20回以上は行っている」と語り、海外招待作家として中国、韓国、台湾の書家5人の作品のほか、中国洛陽市の龍門石窟の拓本『龍門20品』が特別展示されている。同拓本は、5世紀から6世紀のものとされ山田院長が中国を訪問した時に入取したもので初公開している。
 書究院展の表彰式は22日札幌ガーデンパレス、学生展は市民ギャラリーで行われる。
 札幌市中央区南2東6、札幌市市民ギャラリーで22日まで。

 ◆ 写真は右から知事賞、大賞、準大賞を受賞した作品 (いずれも2×8尺)


 P1000822_convert_20100819144545.jpg   山田 太虚(やまだ・たいきょ)さん
 「来年の30回記念展での具体的な取り組みはこれからです」。今回は堂々とした風格の大作『知圓』を発表。発行している月刊書道誌『書究』は、今年8月号で386号になり、最終ページにエッセーを書き続け、06年の古希記念書展を東京と札幌で開いた時に、10年間分を1冊にまとめた。1971年書道研究『虚心会』、78年に書究文化書芸院を創設。日中、日韓の書道交流を進めている。北海道書道展、毎日書道展審査会員、北海道書道連盟理事長。岩手大学書道科卒。1936年空知管内栗山町生まれ。札幌市西区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ